スマホで見る

売却査定を数社に依頼しましたが、売却査定価格にかなり差があるのはなぜですか? | 池袋・新宿 ・ 豊島区の不動産売却・不動産売買はハウステーションプロパティマネジメント

電話でのお問い合せはこちら

HOME >Q&A

Q&Aよくある質問

売却査定を数社に依頼しましたが、売却査定価格にかなり差があるのはなぜですか?

昨今、企業によって査定価格の差が大きいことがあるようです。なぜこのような金額差が生まれるのかというと理由はいくつかあります。

基本的に、売却査定をする場合は1番の目安になるのは近隣地域で最新の取引事例価格で、一般的にはこの価格を参考に査定をしています。
ただそれでも多少の金額の差はでてくるでしょう。しかし、あまりにも金額差がある場合は媒介契約の取得を優先に考える不動産業者が無責任な価格をつけている可能性があるので要注意です。そのような価格で販売を開始してもなかなか売却できずにお客さまが困った後に価格を下げることになってしまうからです。

また、確かな価格を知りたい時は、不動産業者に買い取り価格を聞き参考にしてください。算出された価格に約20%~30%上乗せした価格が、実際の成約価格とずれの少ない査定価格といえます。

買取業者の価格はリフォームして販売できる物件と、築年数が古くて建替えをしなければ無理な物件がありますが、どちらにしても、不動産業者自身が買う価格を算出するので、間違いのない価格でしょう。

一番大事なことは良いことばかり言う不動産業者よりも、きちんと売却価格の根拠の説明、売却活動の具体性、売却時の問題点などを説明してくれる会社を選ぶことをお勧めします。